建築依頼工事

エレベーターの取付工事は当社が責任をもってお引き受けいたします。下記の項目については、除外工事としてエレベーターの見積りに含まれていませんので、建築工事および電気などの設備工事として施工くださるようお願いいたします。

建築工事関係

  • 昇降路の築造と各階出入口の穴開け工事

  • 昇降路ピットの基礎工事

  • ピット内防水仕上げ工事(必要によって施工してください)

  • 鉄骨造の場合の荷重支持用梁、機器固定用プレート設置工事(長穴施工を含む)

  • 木造の場合の荷重支持用横梁設置工事

  • エレベーター機器荷揚げ用の梁またはフック設置工事
    短期吊荷重4900N(500kg)

  • 各階乗場枠取付け後の枠まわり壁・床仕上げ工事

  • 各階乗場枠まわりの穴ふさぎ工事

  • 昇降路内の仕上げ工事(特に木造の場合)

  • エレベーターの設置に必要な建物強度の確保

設備工事関係

  • インバーター適合の主幹ブレーカーの設置※1

  • エレベーター専用ブレーカーの設置(駆動用、照明用)

  • 昇降路への電源線の引き込み(駆動用、照明用)

  • 昇降路壁に中継ボックスの設置・中継ボックスまでの電話線引き込み工事

  • 工事用の仮設電源供給工事

  • 試運転用の本設電源供給工事

  • オプション※2採用による設備の設置および昇降路への各種線出し

  • ※1主幹ブレーカーの容量は、十分に余裕をもって選定してください。容量に余裕がないと、エレベーターが急停止する可能性や建物の電気設備に影響をおよぼす場合があります。また、リフォームでエレベーターを設置する場合は、必ず主幹ブレーカーの容量を見直ししてください。
  • ※2火災時管制運転、遮煙乗場ドア、防火シャッター連動運転、インターホンをご採用の場合。

免責事項

  • 他業種工事に起因する打痕、塗装汚れなどに対する機器の補修、取替え工事

  • 火災、地震、水害、天変地異による機器の損傷

  • 雨水など、ピット内に水が貯まった場合の工事(機器交換を含む)

搬入経路・保管場所

エレベーター着工時の機器搬入経路と、工事期間中の部品保管場所についてもご配慮ください。

  • ※機器の損傷を防ぐため雨水に濡れない場所として下さい。

ページトップ

お問い合わせ・資料請求